Menu

タイ政府による地域開発


タイ王国では、政府が2003年に持続的観光特別地域開発管理機構という機関を設置しました。

観光地の開発、管理を行うための政策、戦略を定めます。現在特別地域に指定されているのは以下の三地域です。

チャーン諸島とその周辺

チャーン島はタイランド湾上にあるタイで2番目に大きな島です。島内には山が多く、熱帯雨林、サンゴ礁、滝などの美しい自然の宝庫として有名です。

チェンマイ・ナイトサファリ

ステープ・プイ国立公園内にできたサファリパークで、約103種類、1000頭以上もの動物たちが飼育されています。開園時間は18~24時と、夜行性動物も目にできる時間帯です。

パッタヤー市とその周辺

チョンブリー県にあるエリアで、タイランド湾に接し、ビーチリゾートやマリンスポーツなどで有名です。「パッタヤー特別市法」の記事もご覧ください。